塗り替え工事お考えの皆様へ。最初に読んで頂きたい事。|水戸市・ひたちなか市・那珂市の外壁塗装・塗り替え工事は冨山塗装へお任せください

水戸市・ひたちなか市・那珂市の外壁塗装・塗り替え工事は冨山塗装へお任せください

0120978825

受付

9:00~18:00

定休日

水曜日

お見積もり・お問合せ

TWITTER

FACEBOOK

TOPICS

塗り替え工事お考えの皆様へ。最初に読んで頂きたい事。

最初に読んで頂きたい事 2017年02月09日

◆結局どこにお願いしようかな?


このページにお越しいただき、ありがとうございます。

冨山塗装代表の冨山達也と申します。

初めて塗り替え工事をされる方、2度目、3度目の塗り替え工事をされる方に、まず知って頂きたい事を書いております。

塗装工事の失敗をされる方は、後を絶ちません。

少し長いですが、業者選考の参考にして頂ければ幸いです。


 

外壁塗装・屋根塗装は、ハッキリ言いまして手抜きが簡単です。

塗り回数や下地処理、塗料の伸ばし方まで、ごまかそうと思えばいくらでも手抜きができるのです。

ですから、悪徳業者などが後を絶たないのです

 

こんな売り文句が日本中で飛び交っているんですよね!

 

◆当社は自社施工なんで安いですよ。

◆全国展開の塗装業者ですから安心ですよ。

◆手抜き工事はしませんから大丈夫です。

◆今決めてくれるなら○○万円でやりますよ。

◆保証は○○年付けますからどうですか。

◆当社オリジナル塗料で塗装します。

 

どうですか?こんなフレーズを聞いた事ありませんか?

 

共通して言える事は、いかに安心させて契約に持ち込もうかというフレーズなのです。

 

こういったフレーズが悪いというのではなく、きちんとした説明をせずに、契約を急ぐ業者が多いという事です。

 

※だまされないでください。

 

塗装工事は、自動車を買う時のように試乗ができません。

また、食料品を買うときのように、おいしくなければもう買わない。

とはいきませんよね。

 

塗装工事は高額なのに「おためし」が出来ないという特性を持っているのです。

 

ですから、いわゆる『塗り逃げ悪徳業者』が多いのかもしれません。

 

外壁塗装が終わったら、さ・よ・う・な・ら…。

 

そんな事にならないように、じっくりとご自分の目で確かめて、納得のいく業者をお選びくださいね。

 

当社は、失敗もいっぱいしてきましたし、お叱りも受けてきました。

でも、そのお陰で今こうして仕事が出来ているのだと感じています。

 

きっと、施主様も言いづらい事もあったかと思うのです。

 

それでも当社の発展を思い、あえて耳の痛くなるような事も言っていただけたのだと感じています。

その度に、反省をし、検証を重ねて少しずつ成長しているような気がするのです。

今の自分たちがあるのも、地域の皆様のおかげです。

 

地域の皆様本当にありがとうございます。

 

おかげさまで平成28年には創業50年を迎える事が出来ました。

これからも外壁塗装や屋根塗装、塗り替え工事を通じて、そして専門店として、地域の皆様に笑顔と感動をお届けさせていただきます。

 

このページをご覧いただきありがとうございます。

 

私が初めてホームページを立ち上げたのが、平成21年4月です。

 

情報化社会ですから、どんどん立派なホームページを各社が競うように作り、また外壁塗装に関する情報が溢れかえっています。

 

今はやりのポータルサイトや一件まるごと〇〇パックなどなど。。。

 

塗装工事というのは、物販とは違い、職人の手作業によって進められていきます。

そしてお客様のお家も、壁材・屋根材・構造と様々ですし、価値観も人それぞれ違う事でしょう。

 

立地条件や環境、塗り替え工事の目的なども様々です。

 

ですから、一軒一軒オーダーメイドの塗装仕様となるのが当然なのです。

 

私たち塗装施工業者は、技術は良くて当たり前、知識もあって当然なのです。

日々勉強です。

 

このページを読まれているという事は、あなたも今どの業者にお願いしようかと悩まれていることでしょう。

 

もし、「今回の塗り替えは安く済ませたい」とお考えでしたら、この景気ですから、単価を落とすことはそんなに難しいことではないかもしれません。

ノルマ達成の為に、品質度外視の金額で契約を欲しがる営業マンは沢山居る事でしょう。

この場合は残念なことに、しわ寄せは塗装職人に行き、理不尽な工事をさせられる構図となってしまいます。

これは塗装業だけでなく、建設工事業全体に言える事ですが。。。

 

 

「いやいや、きちんとした工事を適正価格でしてほしい」とお考えでしたら、3社程候補の会社を選び、会社へアポ無し訪問して頂くことをお勧めいたします。その際の注意点は以下の通りです。

 

1・事務所・材料置き場や周辺が整理整頓されているか。

 

私も以前は、自分が住んでいる借家の一室を事務所にしていました。

それでも、お客様をお迎えする準備だけはしていました。

作業場は別にありましたので、小さくても古くても、手入れをして整理整頓を心掛けて、誰に見られても恥ずかしくないようにしていました。

親方である父からの教えです。

 

 

↓40年以上お世話になった、車庫兼倉庫です。波トタン屋根は3枚重ねです。

父が手入れをしながら大切に使ってきた宝物です。

 

↓私冨山が3歳の時。倉庫も一緒に年を取りましたね。

 

↓長男が3歳の時。これでも現場監督のつもりです。笑

 

塗装業は綺麗にするお仕事です。

自社の整理整頓が出来ていない会社にお仕事を頼みたいと思いますか?

工事中の材料置き場に反映される重要な部分です。

 

仕上げ方や工事後の清掃といったところにも影響がある事と思います。

 

2・営業専門塗装会社?塗装施工会社?

 

これはとても重要な事かもしれません。

前者の場合、事務所などはテナントかマンションの一室などがほとんどです。

営業スタッフは個人事業主扱いが多く、完全ノルマ制が多いため、いかに早く契約に持ち込むかを徹底的に勉強しています。

契約無し=収入ほぼゼロ

厳しい世界です。

 

この場合、1の倉庫や作業場などは無い事がほとんど。

塗装工事のあっせん業者だと認識していただいても構いません。

社名がカッコ良くても、〇〇ペイント、〇〇塗装工業、〇〇塗装工房などとなっていても、塗装施工業者ではないかもしれません。

 

塗装工事自体は、下請け・孫請け業者に依頼することがほとんどです。

良い職人に当たれば良いですが、ハズレ職人に当たると工事中からトラブルになる事もありますので、注意が必要です。

 

 

もちろん、きちんとした営業専門会社もあると思いますが、数は少ないかと思います。

私冨山の個人的な感想です。

 

後者の場合は、事務所と作業場が一緒の場合が多く、1人親方の業者、2名~5名程度、10名程度の規模まで様々。

 

塗装工事に精通している反面、営業やマナーなどを勉強する機会が少ないため、サービス面や提案力などに不安があります。

 

品質に関係なく、自分達がやりやすい工事や使いやすい塗料で工事をされるケースもありますので注意が必要です。

 

 

3・代表者が、職人経験者もしくは職人なのか?

 

代表者が現場を知っている事は、大変重要ではないでしょうか?

※もちろん、社員が20名以上の業者や専門店の店長経験など、例外はあります。

 

現場を知らないがために、間違った仕様を組んだり、指示を出したりしてトラブルになるケースが多いようです。

 

塗ってはいけない塗料(下塗り・上塗り問わず)を塗ってしまったり、塗装では無理な劣化状態なのに、無理に工事をしてしまうケースなど。。。

 

また、劣化状態や前回の塗膜の種類によっても、下塗り材を水性か油性かにする判断をする必要性がありますが、その判断が出来ない事もあるでしょう。

 

結局のところ、現場職人の言う事の良し悪しを判断できず、お任せ状態になりトラブルの要因を作ってしまったりするのです。

例を挙げますと、間違った下地処理方法を職人が行っていたとしても、指摘・修正が出来ないのです。

悪意無き失敗が起きる瞬間ですね。

 

職人だって人間です。適切な指示がなければ、自分がやりやすい、楽な作業を選ぶと思いませんか?

 

代表もしくは責任者が一級塗装技能士を持っているのは当然であり、本当に塗装工事で勝負したいのなら、まずは現場を知る事だと思います。

 

以上この3つは、確認することがそんなに難しくないかと思います。

 

 

もっと詳しくWEB上には書かれていない事をお知りになりたい方は、下記より小冊子をお申込みください。

 

 

そして、可能な範囲で施工中の現場や施工後の現場を見学させてもらいましょう。

アンケートなどを見せていただくと良いでしょう。

 

塗装は、仕上がってはじめて商品となりますから会社の規模やブランド、営業マンの言葉だけを信じてしまっては、「どうぞ私をだましてください」と言っているようなものです。

 

ご自分の目で、大金を払う会社を確認し、納得のいくまで説明してもらいましょう。

 

そして、これからご自分のお家を守ってくれるパートナー会社を見つけ出しましょう。

 

電話でのお問い合わせ

ページトップへ

お見積もり・お問合せ